水のトラブルはこちら

受水槽とは!

2019/06/25ニュース

・受水槽とは
貯水槽の一種で、水道の配水管から水を引き込んだ水道水を一階や地下に貯水する設備のことを指します。
受水槽は、貯水槽の種類のひとつになります。
上水道を溜める設備のことを、受水槽といいます。

また、貯水槽とは、水をためる設備や施設の総称です。

・受水槽清掃作業について
 受水槽は、水道水を溜めておく設備です。飲料用だけではなく、施設全体で使う水になります。
 安全な水を、蛇口まで届けるためには、受水槽をきれいに保つことが必要になります。
そのため、設置者には、定期的な点検作業と清掃作業を行うことを義務付けられています。

貯水槽の清掃を義務づけている法律は、二つあります。
建築物衛生法施行規則 第4条の七に貯水槽の清掃を1年以内ごとに1回定期に行うことが示されています。
水道法施行規則 第55条の第1に 簡易専用水道の管理基準として、水槽の清掃を建築物施行規則と同様のことが示されています。

この他にも貯水槽の管理に関わる法律として、水道法34条の2 第2条には、1年以内に1回定期に厚生労働大臣の登録を受けた検査機関の検査を受けることが義務付けられています。
それに対し、10㎥(10トン)以上の貯水槽は『簡易専用水道』に分類されるので、水道法により1年に1回以上の貯水槽清掃と水質検査が義務付けされています。

貯水槽清掃業務につきましては、弊社にお任せ下さい。
下記の連絡先まで、お気軽にご連絡をお待ちしております。

受水槽清掃作業についての詳細は、弊社HPの「建築物飲料水貯水槽 清掃業務」の項目を参照ください。

☎:0120-70-1456

一覧へ戻る
Now Loading...